はづきの徒然草

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

葬儀

この間、遠い親戚の葬儀に出た。亡くなった人とは1度話した事があるかないかの人。義父の葬儀に出てもらった人なので付き合いで…というような形でした。

そんなこともあり、客観的に葬儀の進行を見ていました。やはり『人の死』に直面した時に葬儀屋の仕事は重要だなと思いました。

やはり真心があるとないのとでは違うと感じました。真心がある対応をされたときは悲しい死も『いい葬儀だった』という感想が付く。

物を扱うように流れ作業でやられると『悲しい死にもう一つ嫌な思い出』が残る。

さわやかな心温まる葬儀を参列者も味わいたいもの。

富士典礼の葬儀は『安心・誠意・信頼』。任せられそうです。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。